世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 二宮和也 > 何をやったって、何が起こったって  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

何をやったって、何が起こったって

2008 - 06/03 [Tue]

日曜日の夜、名古屋コン2日目に入ったお友達から、
翔くんが午前中のリハでステージから転落、
右手親指の付け根を骨折と右足打撲という事故があったと教えてもらいました

真っ先にメールをくれたAちゃんも、その後に教えてくれたMちゃんも、
揃って翔くんの気丈な頑張りと嵐の団結力の素晴らしさに感動していて、
その文面を読むだけで涙が溢れてくるほどでした

やっぱり嵐ってすごいなと彼らを信じて拳を握ってしまう自分の横で、
それでもまだZERO で翔くんの目を見るまでは、
どうしても落ち着かない自分がいた

コン当日は右手の肘の下辺りからギプスをはめていたと聞いていたけど、
とりあえず昨夜のZERO スーツの袖からは親指の固定のみに見えました
それでもやはりイチメンでも左手のみしか使えない姿が痛々しかったです
番組終了直前に、村尾さんから心配と労いのお言葉をかけられ、
「ご心配をおかけしました。もう大丈夫です。」という、
翔くんのプロ意識に溢れる眼を見れた時、安心はしてないけど、
ほんの少しだけ落ち着けたような気がした
(もう大丈夫じゃないと思うんだけどさ)

そこでやっと気づいた
今回のことがこれほど自分の中で響いていたのは、
冷たい言い方に聞こえるかもしれないけれど、
ショックなのは翔くんの怪我だけではなかったのかもしれない
純粋に「翔くん大丈夫なのかな」「嵐これから大丈夫なのかな」って想いは、
たぶん誰もが同じだと思う
ただ、こんなにも気になっていた理由は私には他にもあるような気がした


以下、この所の自分の心情つらつら書いていきます
最終的にはポジティブな方向に着地しましたが、
その間ネガティブなことばっかり考えていたのも正直なところ
そういった話は聞きたくないという方は、ここで止めておいてください

もともと今回の五大ドームツアーが決まった時は、
事務所的な売り文句は大いに結構と受容れられた
と同時に、この1年半 嵐を取り巻く環境があまりにも大きく変わって、
それはファンとしてもとても喜ばしいことだけど、
さらにひとつ大きな山を越えなくてはいけない時なんだなとも思った
単に自分が少しでも近い場所で嵐と触れ合いたいというファン根性を抜きにしても、
彼らのように一からコンサートを作り上げていくタイプのグループが
アリーナツアーで、ゲネプロでは得られない観客との反応の匙加減を見ることもなく
未知の場所も含まれたドームに挑むのは、ものすごく危険な挑戦のような気がした

そして致命的なのは、コンサートを組み立てる際のキーマン
潤くんの2本の映画のプロモーション活動の多忙
全曲振り付けているわけではないにしろ、
振りという意味でのセンスから常に立ち会っていて欲しい智くんの多忙

それに輪をかけるように、気になって仕方なかったのは、
アルバム全体のぼやけた印象
ソロに関しては、それぞれのあふれ出る個性が際立っているから、
最初から文句のつけようはなかった
ただ、メインの全曲を通して聴いた時に、
1曲1曲は佳作が多いのに、アルバム全体を通してこれをコンで聴きたい!
と強く思わせる曲の印象が薄い
前作「 Time 」に比べて、
智くんパートの声の比率が他4人と均等になってしまっているのも、
どうも気になっていた理由のひとつ
かといって名曲ラブシチュのように、嵐黄金比が保たれてる曲も見当たらない
時おりキラリと光る翔くんのリリックのクオリティは期待通りの出来栄えだったけど、
全体の割合としては少なすぎた
それぞれにはいい曲だけど、どうも嵐らしさの感じられないアルバムだなぁと、
テンション低めに毎日聴いていました

でもまぁ、この点に関しては、パフォーマンスありきの嵐だから、
コンで彼らがきちんと組み立てて歌って踊ってくれさえすれば解消されるような気がした
今までだって、パフォーマンス観て大きく曲の印象が変わることの多い嵐だから、
それほどは心配の要因にはならない

そんな期待で幕を開けた大阪初日を体験した友人から聞いた、
なんとも言えない距離感と、しっくりいかない感覚
私は今回のツアーが始まってまだ1度も嵐のコンサートを体験していないので、
あくまで友人から聞いた印象だけです
でも、そのどう言ったらいいのかわからないもやもやした感じが、
今までずっと考えていた見えない不安とシンクロしてしまって辛かった

全然有難くないけど、予感は的中した

ただやっぱり彼らの凄い所は、
大阪初日の反応を見て、中1日しかない状態で、
数々の微調整を行い、
結果2日目にはかなりの満足度を与えられる状態にまで持っていったこと
今のところ全ステしている友人曰く、
この差は飛躍的だったらしく、初日終演後とは声のトーンが全く違っていた
名古屋コン初日が大阪2日目とほぼ同じ流れだったのも、
彼らの手応えの表れだったんじゃないかと思う

よーしこの調子で仕上げて、東京ドームまで持って来い!

ひたすら願っていた夜

自分が唯一入れるのが東京だけだからじゃないよ
(結局好きならどんな状態のコンだって旨味はみつけられる)
だって、東京ドームを甘く見ちゃいけないのは、
なんだかんだ言ってもDVD として残る機会はあるだろうし、
なんといってもマスコミ的に大きく取り上げられる可能性が高い
どの断片を取られても、嵐のコンサートはこれだと印象づけられる

どのグループでもそうに違いないけど、
嵐にとってもコンサートはホームグラウンドであり生命線
ここできちんとした顔が見せられなければ、
安心してバラエティやドラマ、キャスターにだって飛びたてない

幸いにも名古屋コンは観客とのC&R もよかったらしく一体感もメキメキ出てきて、
ここからという所の翔くんに降りかかったアクシデント

ある意味出鼻をくじかれたようで、
今までのツケが回ってきたようで、
予想以上のショック

誰をとってもプロ意識の高い5人の中でも、ある意味より突き抜けている翔ちゃん
悔しいだろうに
誰よりも何よりも悔しいだろうに

自分の怪我さえも笑いに転化して、その日来てくれたお客さんを
精一杯に楽しませようと努力した翔ちゃん
そしてそれを支える4人
この光景は彼らを信じているからこそ、観ているようによくわかる

でもやっぱり、これから先の公演に向けて万全の体制で臨めるのか臨めないのか
そこがいちばん翔くんの中で歯がゆいに違いない

そんな煮え切らない漠然とした不安に一筋の光を与えてくれたのが
MISS 7月号にのちゃんの言葉
先週発売されてからというもの
繰り返し読んではなだめてもらっていたのだけれど、
ここに来てまた大きな回答をくれた

親や先生が同じことを何度も繰り返し言われても、
終いには聞きなれてしまってまたかと感じてしまう
そのときになってまた改めて 意味を深く感じられる

昨日のうらあらしの相葉ちゃんの言葉
当たり前だと思ってた事に感謝とは、別の意味でもこのことだと思いました
本当にその通りだと思った


そしてまた ニノの言葉に救われた


グループのためなら何でもできますね。
メンバーの誰かが怪我して仕事に出られなかったら、「じゃあ俺が出るよ」とか、
そういうのは普通にあります。
相葉くんが肺に穴が開いた病気の時もそうだったし。
あの人たちのためだったら別に何やってもいいかな


にのはいつも同じことを言っているけれど、
この言葉はいつだって自分ひとりの気持ちじゃないと思う
嵐5人それぞれがいつだってそういう気でいるよっていうのを
折りに触れて私たちに届けてくれていたんだって、今さらながら感謝した

他にも今回のツアーが始まってからの、
私の勝手なアゲサゲの安定剤になった言葉がいっぱいあるので、
せっかくだから残しておきます




" 嵐 " ってそんなに頑張って探さなくても、そこらへんにいるような奴ばっかりです。
俺ら、最初はけっこう新しいことをさせてもらって失敗ばっかりしていた。
でも、楽しかったな。
一方で、視聴率が悪かったりCD の売り上げが思うように伸びなかったり。
そんな状況が当たり前だったからよかったんじゃないんですかね。
いきなり東京ドームじゃなくて、
順を追ってここまで来られたから。




去年、5大ドームをやると言われたときもいやすごいなぁ "嵐" と思って。
メンバーも皆 「大人気だな、"嵐"」 って(笑)。
「やった!」 と思った人はメンバーにはいなかったですよね。
もともとドームにゴールを置いている人がいなかったから。
だから簡単に言えばドームでコンサートやるよりも野球をやったほうが、
横浜国際競技場でコンサートやるよりもサッカーやったほうが、
自分たち "嵐" の考えとしての価値観は高いと思います。
でも俺らがそこまでになれるとは思っていなかったというのが正直な気持ち(笑)。




見る人にとって、コンサートをする場所はすごい大事だと思う。
ドームって大きいし、
見る人にとっていいか、悪いかといえばよくはないだろうし、
もっと近くで見たいだろうし。
でも僕らも思うんですよ、
道明寺(松本くん)がいたり、ヤッターマン(櫻井くん)がいたりするわけで、
そうすればより多くの人に見てもらいたいと。
結果、5人が揃ってやれる最大の努力がドームになっちゃったんですよ。
申し訳ないとは思うけど。




編:ドームがゴールでなければ、何がゴールで目標なのだろう?

お客さんが来る限りやるというのがゴールです。
面白くてもつまらなくても、皆が見てて飽きなきゃいいんじゃないかなって思います。




そして、メンバーそれぞれへのメッセージから

翔ちゃんのこと…

翔ちゃんはまじめな人です。
あ、でも一緒にドラマやってたころから
ちょっと面白キャラになってきたかなぁ。
でもそれも番組のためだったり、
コンサートでお客さんに楽しんでもらうために、なんですよね。



それがわかっているだけに悔しくてたまらなかったけど、
昨夜の翔ちゃんの瞳を見て、全てを信じてドームを待つことにしました
その間バレー中継もあり、本当に大変だろうけど、
それでも頑張ってください  踏ん張ってください
おおいに楽しませてもらうつもりで行きますから!



長々とまとまりもなく、想いを書き連ねました
最後に、いちばんうれしかったニノの言葉を2つほど


ファンのこと…

コンサートなら時間と空間にお金払って来てくれるわけですから
できるだけ皆に平等に楽しんでほしいですよね。
だからプラチナチケットとか必要ないと思う。
皆が来る限りはコンサートはやり続けます。
でも思うのは "すごい情熱" だなって。
その情熱を一気に違う方向に向けたら、
日本は動くんだろうなって(笑)。



はい、私もよくそう思います(笑)
そしてこれは二宮さん流のファンへの最大の誉め言葉と共に感謝の気持ち♪




何をやったって、何が起こったって、
いざとなったら助け合えるのが "嵐" です。

[タグ未指定]

nao♪naoさんへ

nao♪naoさん こんばんは♪
また覗いてくださってうれしいです
亀ちゃんの怪我の時もそうでしたけど、
怪我というのはご本人も周りも辛いですよね
本当に早くよくなるといいなと思っています
優しい言葉ありがとう (^^)

なっちの気持ち、すごくよくわかったよ。
嵐はきっとやってくれるよね。

以前書き込みさせていただいた高校生です★
あの時は名前忘れてしまって;;
すいませんでした(汗
嵐ってすごいんですね!!!
私はKA担で副担がYou&Jみたいな感じなんです。
でも嵐も大好きだから.毎週"宿題くん"も"アラシちゃん"も見てるんですけど.やっぱりあまり詳しくなくて((泣
けど今なつめさんのブログを読んで.嵐って本当にすごいグループなんだなって感動して涙が出てきました。
さらに嵐が好きになりました。
なつめさんは嵐の事もKAT-TUNの事も本当に良く見ていらっしゃるので.すごいといつも尊敬しています。
毎日楽しみにしてます!!!
これからも頑張って下さい♪

なつめちゃん、こんばんは。
鋭い視線の観察感!いつもながら、さすがっ!!
にのちゃんと一緒だね~(笑)
前の24時間TVでにのちゃんが言ってた、「それが嵐だから」って言葉。
私は、これが大好き。
ずっと、応援していこう!ついていこう!って思ったコンだったよ。

おはようございます。
櫻井クンの怪我の事をZEROで見て
気になってたので・・・。
ドーム初日までに少しでも回復にむかいますように。

なつめさん、はじめまして!
翔ちゃんの骨折の件から立ち寄らせていただきました。
今回のドームツアーやアルバムについて私も心の奥に何か引っかかる思いがありまして・・・。
それをうまく言葉に出来ず、でも東京ドームのコンサートを心待ちにしている自分がいて・・・。
なつめさんのお言葉に出会い、心のつかえが取れた気がします。
そして、今回の翔ちゃんの件でさらに絆が強まった嵐の5人に会えるのが、ますます楽しみになりました☆
ホント・・・なんて優しい素敵なグループなんでしょうね。
なつめさん、ありがとうございました。  

あんずちゃんへ

あんずちゃん こんばんは♪
ただ愚痴を読んでもらっただけなのに、
にのちゃんと一緒だなんて恐れ多いよー^^;
私はたぶん、にのちゃんとは真反対の単細胞な人間だから、
あぁなりたいなぁと思って憧れるんだろうなといつも思ってるのよ
でも、かなりうれしかったよ ありがとう (//▽//)
24時間テレビのその言葉も、大好き!

バナナさんへ

はじめまして
コメント入れてくださってうれしいです♪
アルバムについては不快に思う方もいらっしゃるかなと思ったのですが、
私もずっとひっかかっていたことだったので、書いたら勝手にスッキリしました
同じ風に受け取ってくださる方のお話が聞けて、少しホッとしました
とか言っても、聞き続けているとやっぱり結構好きな曲いっぱいあるんですけどね^^;
嵐は本当に優しさと強さを持った素晴らしいグループだと思います
東京ドーム、めいっぱい楽しみましょうね!

はーちゃんへ

はーちゃん  その後もいろいろありがとう!
東京ドーム! ほんとにに楽しみだねっ(^^)

亜柚果さんへ

この前は優しいコメ、ありがとうございます
また遊びに来てくれてうれしいです(^^)
嵐とKAT-TUN は、個性が全然違うから両方すごく好きという人は少ないですよね
どちらかが好きな人がたまたま来て、
不快にならないといいなぁといつも思っているのですが、
亜柚果さんみたいに、嵐の良さを知ってくださるきっかけになると、
本当にこのブログをやっていて良かったとうれしくなります
逆の声を聞かせてくださる方もいて、すっごく有難いんですよ~♪
おっしゃる通り、どちらも素敵なグループなので、
なかなか絞りきれずにここまで来てしまいました^^;
子持ちで仕事をしている上に、欲張りに二兎追いしてますから、
よく見ているというほどはちゃんと追いきれてませんが、
よかったらまたお話聞かせてくださいね
そういえば東京ドームはどうなったかな
希望日がとれてることを祈ってます!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/394-9015ca62

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。