世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 嵐:CD/曲/PV > One Love PV  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

One Love PV

2008 - 06/13 [Fri]

昨日ようやくスペースシャワーにて、
嵐 「One Love 」 PV 確保しまして、夜中に観れました

前日にめざましでサビ部分だけ観た時は、
フルCG の意味がいまいちよく伝わってこなかったのですが、
前言撤回!
この曲の持つ魅力を伝えるには余りあるほどの、
とんでもなく素晴らしい作品に仕上がっていました (*^^)v


バグパイプっぽい音色の旋律から始まるイントロにふさわしく、
白い鳩が飛び交い、ガーデンアーチの前に立つ5人
そこから、絵本のページをめくるようなイメージで、
田園風景をバックに次々と各メンバーの立ち姿が映し出されます

すでにこの段階で、
どうして各メンバーのお姿がCG 処理でなくてはならないのか、
納得がいきました

最初、嵐初のフルCG! とかいう売り文句を押し出されると、
売れてきて予算がかけられるからって、
映像スタッフの自己満足に終わってるんじゃないかと、
不信感を持ってしまったいけない私
だって、花男主題歌といえば、
世間的にも王道アイドル路線を構築しなきゃならないわけだから、
そこで嵐さん5人のお顔をしっかり綺麗に見せなくてどうするよ!? なんて、
いらぬ心配がムクムク出てきてしまったわけです
それに、前作ステゴーの
いまいち必然性のわからないハイスピードカメラのトラウマもあったしね ^^;

ところが、おとぎ話でしかありえないような、
永遠の愛を高らかに歌ったこの曲には、
確かにリアルな表情は生々しく映るのかもしれないと思いました
考えてみりゃ、この曲を歌うリアルな嵐さんに酔いしれるのは、
これからの歌番組でいくらでもできるものね

バックの絵を見て、真っ先に思い出したのは、
マリーアントワネットが愛してやまなかったプチトリアノン
女の子なら、誰もが夢みる、
のどかな田園風景をバックにしたガーデンウェディングを想像しちゃう
そんな夢物語を背景に、5人の王子さまは歌います

今回のPV で不思議に刺激される乙女心
キャンディキャンディを思わせるイントロからその予兆はあったのかも ^^;
昨夜のage 嬢の皆様方の足元にも及びませんが、
女の子として生を受けたからにゃあ、
どっかの片隅に潜んでいる古き良き少女漫画的お姫様願望

まだご覧になっていない方は誤解して欲しくないけど、
水彩画タッチの柔らかいトーンは、
嵐さんの持つナチュラルな柔らかさにとても合っていて、
全体的なイメージはもちろんちっともゴテゴテなんかはしていないんだよ
あくまで、私の勝手な妄想ですよー

結婚=永遠の愛なんて、
現実はそんな甘いもんじゃないっつーの!とはわかってはいても、
たまには甘いお菓子をむさぼりたくなる
そして男の子にとっては、
一生に一度位は愛する女性の王子様にだってなれるんだよという密かな自負
ま、よく考えれば当たり前で、
時代は少しスライドさえすれど、花男は王道少女マンガなんだもんね
もともとドラマ化される前から、ダントツ花沢類派の私ですら、
やっぱり映画館でこの曲が流れたら、
道明寺に心奪われちゃいそうな気がする

そして、5人がそれぞれの視線の送り方で、
まさに夢を売る職業アイドルのど真ん中ストライクを演じてみせる
ところが、ここがいちばん大切なのが、
ただ作られたイケメンが、これを歌ったら寒いことこの上なし
自分たちの立ち位置をしっかりわかって、
二本の足でしっかり立っている彼らが歌うから、
夢の世界にも心置きなく浸れるというものだ

で、youth case さん達が綴ったリリックの巧妙さにもひたすら感動
当然、花男F の主題歌だけあって、
テーマは道明寺と つくしの結婚と思うでしょ
そこから、いい感じで2番のサビは仲間への愛にスライドしていく
この時の 「ありがとう」 は、
劇中ではF4間の友情だったり、楽曲としては嵐の5人の信頼感だったり、
そして、最終的には嵐からファンへのメッセージだったりする
PV での5人が肩を組んでこのフレーズを歌ってくれるだけで、
胸が締めつけられるほどに、嵐への想いが湧きたってくる
そこから、今回の主役・道明寺=潤くんに
思いっきりスポットライトを浴びせたソロ
そして、そのソロを大きな安心感で受けとめ、各メンバーへ引き継ぐ智くん
やっぱり、歌を表現し伝える演者としての嵐は完璧なんだな

WISH で芽生えた恋心が、
Love so sweet で愛の実を結び、
One Love で全てを包み込む大きな愛に昇華していく

花男主題歌3部作のみごとなフィナーレにふさわしい曲です


そして同時に、これまでの嵐の培ってきた力を
みせつけてくれる曲

自分達の意志とは関係なく寄せ集められた5人が、
9年間1度も争うこともなく、
それぞれの才能を認め合って、
「生まれ変わっても嵐でいたい」 「嵐がいれば、友達はいらないくらい」
そんな言葉をメンバーが自然に口に出すようなグループです
考えてみりゃ、嵐というグループの存在自体が、
本来なら絵本の中にしかありえないほどの稀有なもの

そんな嵐が、ファンと一緒に泣いたり笑ったりしながら、
いろんなものを勝ち取ってきた
これはまさに、
強さと優しさを併せ持った今の嵐でなければ歌えない曲なのかもしれない

小手先のテクニックや、生まれ持ったものだけに頼らず、
嵐の持つただ真っ直ぐな想いが、
ここまで大きなスケールの曲を表現できるようになった

最後に映るウェディングケーキは、
道明寺と つくしのものでもあるけど、
嵐とファンを永遠に結ぶ証なのかもしれないよ

それにしても、これを結婚式で流されたら、
私的には 「永遠にともに」 以上に泣けちゃうと思うな (〃∇〃)
次回はこれでいっちゃう!?

と、まぁ冗談はさておき、
映画館で体験できるその前に、
ドームという大舞台でこの曲を生で聴けるのが、
何より楽しみで仕方ありません♪







発売までまだちょっとだけ時間がありますから、
この素晴らしい歌詞を書きとめておくことにします
耳コピですから、聞き間違いや表記の違い等はご了承ください





One Love   嵐


伝えたくて 伝わらなくて
時には素直になれずに
泣いた季節を 越えた僕らは
今 とても輝いてるよ
それぞれ描く しあわせの形は
重なり 今 大きな愛になる
ずっと ふたりで 生きていこう

100年先も 愛を誓うよ
君は僕のすべてさ
信じている ただ信じてる
同じ時を刻む人へ

どんな君も どんな僕でも
ひとつひとつが愛しい
君がいれば 何もいらない
きっとしあわせにするから

雨の中で 君を待ってた
優しさの意味さえ知らず
すれ違いに 傷ついた夜
それでもここまで来たんだ
かけがえのない 出会いを 奇跡をつないでく
思い出 重なりあう
始まりの歌 鳴り響いて

どんな時も 支えてくれた
笑い泣いた 仲間へ
心こめて ただひとつだけ
贈る言葉はありがとう

100年先も 愛を誓うよ
君は僕のすべてさ

愛している ただ愛してる
同じ明日約束しよう

世界中に ただひとりだけ
僕は君を選んだ
君といれば どんな未来も
ずっと輝いているから
[タグ未指定]

はーちゃんへ

そうそう!
あの額、素敵だったよね~ (^^)
ああいうことやってくれると、やっぱりCGでよかったなって思うよね
>もう嵐の歌に聴こえた
そうなんだよね
そうやっていろんな解釈ができる歌詞がすごいなって思った!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

ありがとう! 楽しみだなぁ
後で取りに行くね~ (^^)

なっち~。
PV、5人の姿が額縁の中に入って、くるっと回るの、あれね、CGならではなのかな。素敵だよね~~。
この歌、花男主題歌だし、男女の歌かと思って聴いてたら、だんだんとグループ愛の歌みたいになってくんだよね。ま、確かにF4のことを言ってるのかなとも思うけど、コンではもう嵐の歌に聴こえたー。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/407-887875ad

【映画館】についてブログや通販での検索結果から見ると…

映画館 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。