世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 二宮和也/大野智 > 魔王初回  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

魔王初回

2008 - 07/09 [Wed]

昨夜の帰りの電車中吊り広告ではTarzan 仁くんにドキッ
今朝ほどは、
Shava Dava グリーンアップル味発売広告のにの様にへたりこみました
発売当初と同じ写真に新たに商品重ねただけなんですけどね (^^;
街中で思いがけず自担に遭遇できるしあわせったらありませんから(笑)

そんな にの様の射るような二の線目線を反すうしているうちに、
ようやくちょっとつらつら書いてみたくなった

魔王初回のこと

初回にしてすでに大野智ここに在りと、期待通りの存在感をみせつけてくれた大野さん
彼の底力はまだまだこんなもんじゃないと思いますから、
細かい感想は第二話以降を見届けてからと思っています
連ドラってほんと大変ですからね
まずは掴みはOK おめでとうございます!

あの役は大野さんにしかできません
ここだけ声を大にして言いたいです
原作全く見ていないくせによく言うよは覚悟の上で、
成瀬領は大野さんにしかできないと勝手ながら断言しておきます
ジャニーズに限らず、弟を殺された復讐に燃える弁護士役を
美しく表現できる若手の役者さんは数々あれど
やっぱり誰がやっても、
そこにナルシスティックな計算が見え隠れした色気が垣間見えちゃうような気がする
弟への想いと、
執拗なまでの法への矛盾の拘りだけで生きている成瀬領という人物像を
あそこまでストイックに演じきれるのは大野さんにしかできない離れ業
結果、ご本人まったく意図していない部分で、
はらりと色気がこぼれ落ちてきたりもするんだ
このままただひたすらに魔王に成り下がっていく様を
(この場合、成り上がってと言ったほうがいいの?)
魅せていって欲しいと思っています
大野さんが酔わせる悪の美学








で、こっそり延々と呟いていいでしょうか?
友情出演の熊田正義さんについて

非ジャニ友の友人達から、たくさんのお褒めの言葉を聞きました
その中で最も多かったのが、Mottainai と
日本が世界に誇る麗しき日本語 「もったいない」 ですよ!
大野さん初の連ドラ主演にエールを送る立場の友情出演ですからね
あれで充分だと思います と答えておきました

でも秘かにうれしかったです
こちら呆れるほどの 表現者にのばかですから、
あれだけのシーンにあの演技みせられちゃうと、
どうしたって飢餓感ばかりが煽られます
ニノの映画までは観たことがない、フツーにドラマを観てくれた人達が、
口々に彼の演技をもっと観たいと言ってくれるのは、
自分が感じる以上に有難い

何かに憑かれたみたいに数十回リピートした後、
むしょうに過去の作品の旅に行きたくなりましたよ
やっぱ原点のノブかなぁ
青の炎はちょっと青いしな
同じやさぐれ系でも、大人の眼という意味では硫黄島の後半かなぁ
いやいや時間もないことだし、
鉄コンメイキングのクロが乗り移った瞬間でもいいのかもしれない
ってなわけで、その全部ピックアップ部分だけ駆け足でっ (*^^)v
(そういや、ハルとタクマの名シーンまで観ちゃった)

で、やっぱり彼の芝居がもっと観たくなりました
今、この時期に難しいのはじゅうじゅうわかっているつもりだし、
ひとつひとついい仕事をして欲しいから、
アイドルペースのサイクルを願うつもりは全然ないんですけどね

ここまで書いて、ようやくカムアウトしてしまうけど、
やっぱり今朝、潤くんの24時間ドラマ主演を聞いた時は、
軽くショックでした
近しい人たちから、「感動モノでドラマとくればニノじゃない?」 なんて、
言ってもらって、ファンとしてもちょっとその気になってたのかもしれない
でも、今この役をやることは潤くんにとってとても重要だと思うし、
このシチュエーションに体当たりでぶつかっていく潤くんを観たいと思ったのも、
素直な気持ちです

同時に、負け惜しみでもなんでもなく、
嵐の難病もの担当という役割を
たまには はずして欲しかったという気持ちもちょっぴりあったしね^^;
いつだってお話がくればきちんと演じ遂せてしまうのが にの様なんだけど
(あ、これは にの様に限らず嵐さん全員に言えることです)

じゃあ何がそんなにショックだったんだろうと、
今日1日うじうじ考えてて、やっぱり にの様に芝居の台本を受け取って欲しいんだと
ただそこに尽きるような気がして、呆気にとられました
バラエティでもいつだって、にの様はお役目をきちんと果たしているし、
時には役づくり以上の表現者としての片鱗をみせてくれているんだけど、
演じるというその作業をしている匠技を観ているのが何より好きなんだなと

CM で流れた領さんに詰め寄る眼は、にの様なら朝飯前のものでしょうが、
今回本編の流れの中で観た 「本気で言ってんのか?」 の右目の演技は、
明らかに今までの二宮和也の演技とは、
少年部門から青年部門にステップアップした手応えがあったんです
(ほんと、どんどんヲタ的マクロな辺りの話に向かってて申し訳ないっ)
あ─────っ! やっぱ、この時期の獅子を眠らせとくのは惜しいなぁ~

どこまでも話転がすけど
前々から、ここから30位までの にの様の役者としての扱いは、
すごく難しいものになるような気がしてたんです
二宮和也という役者の得意技のひとつのアウトロー的表現が、
10代特有の苛立ち感や反抗心から、
青年期を経て大人の男の反逆精神や閉塞感の表現を求められるようになるまでには、
曖昧な位置づけの時期が絶対あると思ったからです

以前トーク番組で、市川染五郎さんが言ってたんだけど
歌舞伎役者は10代半ばから20代初盤位までがすごく中途半端な時期があって、
どうにも役がふられにくくなるんだって
まぁ、これは声変わりとか身体的な成長期や、
歌舞伎の演目の中での役割とかもあるらしいけど
そういう時にくさらずにきちんとお稽古していく精神力が、
すごく試されるって話を聞いたことがある
住む世界や求められるものが違うけれど、
ニノのことを考えると、大人の事情はさておき、
演者としてもそういう時期に差し掛かって来ているのかもと、
よくこの言葉を思い出します

そんな時に、硫黄島や黄色い涙を観れて、
これは思ったより早くステップアップできそうだなと確信しました
ただね
求められる土壌というものがあるから、今はその才能の開放を
あせらず待つことにしようと、今日改めて思えました

・・・って、ただの愚痴のまとめになってしまったようで、
到着地点が見えない文ですね^^;
書いてるほうは、けっこうスッキリしましたので、
わけわかんない文に、ここまで長々お付き合い下さった方がいらしたら、
ものすごく感謝します♪
[タグ未指定]

やっぱりねー。ニノちゃん難病役すでにイメージあるもんねぇ。うん。ここは今年の顔、潤君なんだろうな。まったく同感だよ。
今年といえば、ニノちゃんは今年バラエティの才能をどんどん開いていってるよね。これもやっぱりすごく面白い方向だと思うの。ジャニーズ初の本物のマルチ。
潤君も大好きだし、24tvをどうこう言うわけじゃないけど、こうなると、ニノにはもっと大きな本格的なお芝居の仕事を期待しちゃう。

はーちゃんへ

はーちゃんには、いつも聞いてもらってるようなひとりごとなのに、
改めて読んでくれてありがとうね♪
潤くんはね
今年に限らず、やっぱりずっと嵐の顔だと思うよ
それだけに大変だろうなと思うこともいっぱいある
実は感動モノの相葉ちゃんもちょっと期待してたりもしたの
パパ設定は、ちょっとないかな!?
本物のマルチかぁ~ なるほど!
それもかっこいい位置づけだよね
まだまだ可能性は無限だからね(≧∇≦*)
本格的といえば、映像に限らず、
いつか久しぶりに舞台も観たいなとか思ってたりもするんだぁ

今頃になってのコメントもうしわけないですが

 
  最近こちらのブログ にのみ日和を知り
  はまりにはまっております。

  まじめな 役者ニノちゃんの話が読めて
  とても うれしい!
  わたくし 嵐ファンだけど やはり ニノちゃんの
  ドラマ ・・ 涙をふいて・・・南君の恋人・・・ から 入ったので
  コンサート、写真、歌番組、バラエティー・・は あと付けなんです
  けど バラエティーの ニノちゃんは 時には演技あり 大好き 
  
  市川染五郎さんの お話 納得 
  今まさに彼はその時期で
  流星の絆 決まった時は
  重たい重たい 東野圭吾作品で どうなることやら と思ったけども
  クドカンに 砕きにくだいてもらって よかったよ
  山田孝之みたいな 暗さ 絶対いやだったから・・・
  けど あんなに 笑えるドラマになってるのに 
  毎回 泣かせてもらってるよ
  凄いね 二宮くんは!!
  錦戸くんも 戸田ちゃんも うまい! 若いのにすごい
  共演者も 頑張った 
  星空もきれい! みんなもきれい!
 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/440-5833dc0a

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。