世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 松本潤 > 花男F拝見  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

花男F拝見

2008 - 07/13 [Sun]

ようやく 「 花より男子ファイナル 」 観て来ました
空前の大ヒットというだけあって、いやいやお見事!
映画館ならではの楽しみ方ができる作品に仕上がっていて、
予想以上の素晴らしさでした

昨日からの花男ジェットによる「全国縦断ファイナルキャンペーン」も、
無事遂行されたようで、お疲れさまでした!
明日のWS が楽しみです (^^)

ストーリー的なネタバレはないような気はしますが、
観る前にあれこれ人の話聞いてもねぇと思う方はここまでで♪

観ている間ずっと、
何より花男という作品に対してのチームの深い愛情が伝わってくる

テレビドラマの大ヒット作を映画化した場合に、
よく残念に思うことがあります
手を抜いているわけではもちろんないだろうけど、
大仕掛けの予算とスケールに振り回され過ぎて、
肝心の本作品の良さがいちばん遠くに置いてきぼりにされているような
大味になってしまうのは仕方ないのかなと思うことがある
さすがの踊るは、この点を難なくクリアしたと思うけど、
HERO や 相棒などを観た後は、やっぱりテレビシリーズの方がよかったなと
私は思ってしまった

今回も、ちょっとそれ位の覚悟はしていこうと思ってました
が、さすがのセレブ集団
壮大なロケ予算に振り回されて俺様の良さが描けないなんて、
庶民どもの仕事だろッと言わんばかりの自信に満ち溢れてる

道明寺の魅力は何も損なわれることなく、
むしろ多分にヒートアップしてるし(笑)

観終わった後
原作と実写のしあわせなハネムーン
そんなことを思いました

漫画を原作に持つ作品の場合
小説よりも情景やキャラクターのルックスが先に提示されているから、
想像力というものが限定されちゃって、難しい場合がある
いっそ、原作はあくまでアウトラインとして利用して、
全く別の作品にしてしまうほうが正解例が多かったりする
(うちのダーリンの貧乏王子もこちらの分類だと思ってます)

ところが、花男の場合は正面きって原作キャラに拘りつつも、
それぞれの役者ならではの息を吹き込んだ見事なバランスが成り立ってる

特に映画の場合
道明寺司という強烈なキャラクターの息の根を止めることのない脚本と、
最後まで心中しようという松本潤の覚悟の勝利

つくし+F4全体で見れば、異論がある原作ファンもおられるかもしれませんが、
偶然にも連載開始時からこの作品に出会った私が見る限りでは、
三作を通して、
全体的には決して原作をないがしろにしていない気がして観ていました

ベタ誉めながら、不満はなくはないよ
原作からの花沢類贔屓の私には、今回映画の花沢類の見せ場の少なさにはちと不服
まぁ、サイドバック的な役割ですから、
出演シーンはあの程度でも良しとしてるけど、
もう少し花沢類ならではの高揚感がある場面が欲しかったな
暗示的なシーンにちょろちょろ利用されてる割には、
これじゃなきゃ!っていう結末のつけ方が、
ラストのあのサプライズ程度でお茶を濁されちゃったのは残念無念

ただ、作品全体という意味では、
今回はひたすら道明寺とつくしの成長物語として焦点を絞っていたから、
輪郭がぼやけずよかったのかもしれない
成長が全く見えない道明寺ながら、
以前の道明寺では絶対見せることのなかった表情も見え隠れする旨味は、
これからの2人と、道明寺グループの明るい未来を予感させて、
まさにファイナルに相応しい潤くんの仕事っぷり

モーテルのベッドの上や、ダイナーでのさりげない道明寺くんには、
いちいちくすぐられました
そして、あんなに小汚い道明寺が見られるのも、
映画ならではの醍醐味かな
同じ小汚いでも、武蔵とは全然違う表情にまた拍手

各地ロケのゴージャスなシーンや、アクションシーンは、
何がなんでも映画館でもう1度味わいたいけれど、
松本潤という役者の細かい職人技の数々を堪能する為には、
早くも家でDVD チェックしたいという衝動にかられる

牧野つくしがこの非現実的なおとぎ話に、
現代の少女漫画としての息を吹き込んでいる
昔から、ゴージャスな男子に平凡なヒロインというのは、
少女マンガの世界の王道なんだけど、
つくしの持つ凡庸な悩みとパワフルさは、
私たちの日常と何かと重ねて見える
今回つくしがひたすら闘っているマリンブルー(!)と、
それを一瞬にして打破する3度目ファイティングポーズの爽快感は、
一桁だろうが二桁だろうが女の子として毎日を生きている私たちの
共感を得られる存在なんだ

普段着だと、やけにイキイキして可愛く見えるくせに、
ゴージャスな衣装を着るとどうにも冴えない井上真央ちゃんが、
ウェディングドレス姿のシーンでは、
やっぱりキレイだなぁと微笑んでしまうところも、
役者だなと感心させられた

そして、こいつらが揃うと何かがおきるに違いないという高揚感を煽る意味でも、
F4が勢ぞろいした図は圧巻

出演者スタッフ誰ひとりが手を抜くことなく、
これが最後だという思いで挑んだ作品

客電がついた後、後ろに座っていたらしい幼稚園生位の小さな姉弟が、
口々にお母さんに 「道明寺はもう出てこないの?」
「道明寺にはもう会えないの?」 と問いかけていた
10代20代はもちろんのこと
こんな小さな子ども達を虜にして、
お母さん世代をうっとりさせる道明寺司
そして、それを裏切らない楽しませることに手を抜かない徹底した作品づくり
やっぱり大ヒットの要因はこれなんだな

それから、これ大事なので言っとかないと
久しぶりのロードショー上映館で流れる嵐さんの歌声
最高の気分でした (^^)v
[タグ未指定]

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/448-52b8358d

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。