世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 嵐:CD/曲/PV > 風の向こうへ PV  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

風の向こうへ PV

2008 - 08/10 [Sun]

内柴選手おめでとうございます !!
これぞ父の仕事に大感動をいただきました

翔さんも大喜びしてるんだろうな
にのちゃんも心配してるように、みーんな翔さんの無事を祈っています
とにかく元気で取材乗り切ってください
お忙しい中のアンコール付オトノハ更新めっちゃうれしかったよー!
あの「間に合ってないけど!」は、そういう意味だったのね

とういうわけで、昨夜 「風の向こうへ」 PV 観ました

truth に心奪われすぎてリピが止まらない中、
こちらはあっさりと通り過ぎるかなと思いましたが、
やっぱり嵐さんの投げかけてくるものはいつも大きいです


今回のPV 観るまではフルで聴いていなかったので、
サクラップが入った完成状態で聴くのは初めて

4年前のHero のように、イントロからがっつり心掴むというよりは、
ともすればさらっとしがちな導入のこの曲
翔さんの言の葉受け取らないと、
自分の中でこの曲は成立しないかなと思っていました

案の定、中盤ハイライトのサクラップから後半に向けて、
5人の真剣なエールがじわじわと伝わってきてガラッと表情が変わってくる

この曲のメインはやはり、翔さんの祈り
これまで長い時間をかけて選手の心の奥底まで手を伸ばそうと
努力してきた翔さんだからこそ、
上っ面の「頑張ってください」 だけにはならない真の祈りが伝わってくるんだよね

そして、意外にもその真剣な想いを中和させつつ、
脇からしっかり後押ししてる職人技見せてるのがギター弾いてるあの方
楽曲全体通した5人の軽いステップもそうなんだけど、
肩に力を入れすぎず、でも目指すべき頂上への想いを届けるよっていう
気持ちがひしひしと伝わってくる
ギターだけでもワクワクしてたのに、
イントロからいきなりのニノフェイクもどき うひょひょ~♪
こういう曲に にの様の飄々とした高音は効果的だから、
曲中でもいい味出してます
One Love歌番組・truth PV でも驚かされましたが、
にの様最近以前にも増して更にいいお仕事してまっせ(*^^)v

柔らかな、まるで子どものような潤くんの笑顔もものすごくいいんだよね
何を発しようという気負いもなく、
ただ純粋に奇跡の瞬間を見たいというような
恋愛絡みのメッセージとはまた違う、こういう潤くんの柔らかい表情は、
実はいちばんニュートラルなんじゃないかなという気もしちゃって、
私はすごく好きです

思わず今回のWink up 伝言板の潤くんの言葉を思い出しました
もしオリンピックに出るならどの競技?というテーマに、
「おこがましくてそんな。
 オリンピックに出る人たちは死ぬほどがんばってあの舞台に立ってるんだと思うから、
 僕は応援する側にいたいと思います。」
お遊び的な質問にも、ノリでは答えられない潤くん
優等生的でもなんでもなく、本音なんだろうな

相葉さんはね
もうこちらは本領発揮
見てるだけでうれしくなる大振りステップも、前へ後ろへ全開です (^^)
なんて応援に向いてる子なんでしょ
truth ではなるべく抑え目に頑張っていて、
観ているこちらも思わず「よしッ」 とか大きなお世話で拳握ってたけど、
こっちは安心してまさきちゃんの手足に同調できる~

そして、ここでもおおちゃんの高音が素晴らしい味出してますね
truth で心臓バクバクさせてくれたあの魔王さまとは全く違う、
ナチュラルな横顔にまたドキッとします
個人的には、この曲はいつもの金髪でみたかったなぁ
黒髪領くんもめっちゃ好きで周囲でも評判いいけど、
やっぱり金髪おおちゃんの方が私は好きです
ドラマ終わったら戻してくれないかなと思ってたら、
オリスタインタビュー発言読んでちょっと期待してるいけない私^^;

最後まで堪能してみると、
つくづく初聴の物足りなさから脱却できましたわ

開催前から平和の祭典ムードだけでは乗り越えられない波乱含みの北京オリンピック
20そこそこだった嵐さんたちも、今やAround 25
同じ世代による明日への希望が持てない故の事件が続いたり、
口先だけの希望やエールが空々しい今だからこそ
ふつふつと奥底から想いが湧き上がってくるような、
自然なトーンのこの曲が今回にぴったりなのかもしれない

メダルの数という結果だけが重要なのではなく、
大舞台に挑むその物語に感動をもらうんだということを
とてもよくわかっているであろう嵐さんたち

後半、それぞれのアップに光彩が重なって虹色に光る瞬間
応援する側として、
彼らの瞳ほど説得力のあるものはないなと、
5人の表現力に感動すら覚えました
2曲同時にここまでできる嵐 やっぱり恐るべし♪

これ…私的に今年イチバンかも!!
にのちゃんの柔らかな表情が凄くよかったよぉ(T_T)
芯となるものを据え、気負う事なくあるがままを受け入れるような…そんな、いい顔をしてらっしゃいますね♪ あの表情…参ったな~~。しつこい?(笑)

なつめさんの感想も頷くしかなく!truthのエントリーも含め、凄く面白かったです(*^_^*)

なんかここまできた嵐くんたちを実感したようなMVでした。
もうもう、ついて行きますよ!

50歳のにの様を見たいっていう会に、入れて下さい(笑)


いせさんへ

>芯となるものを据え、気負う事なくあるがままを受け入れるような
いせさん、またまた素晴らしいことをおっしゃいますね!
コメントをいただいた時、思わず目を閉じて堪能してしまいました

truth PVは、初回からむさぼるようにリピしましたが、
風の向こうへは日に日にかけている回数が増えていくような気がします
Mラバを観てしまったら、なおさらこの曲の虜になりました

>50歳のにの様を見たいっていう会
いいですね! 嵐会よりちんまりと細く長く活動していきましょう(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/465-fbcc448e

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。