世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 二宮和也 > Ray 11月号  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

Ray 11月号

2008 - 09/29 [Mon]

オールスター感謝祭
昨夜ちょっとだけ編集やり始めようと思ったんだけど
方針が見えず、前番組のもうすぐだけやって挫折しました
さーて どうするべきか
こうなりゃ丸ごと入れといてチャプター打っといた方が
賢明なのかなという気もしてきた^^;

もしもツアーズは だいぶ小窓を犠牲にしちゃいました
お三方ともなるべく表情厳選
以前Pちゃんが出てた時は、
あんなにワイプだらけじゃなかった気がする~(>_<)

で、なかなか書くひまなくて1週間遅れですが
これもまた素敵な写真満載のRay のことをちょっとばかし


日常を感じさせるような緑をバックの にの様の表情が
とっても素敵でした
他にも アコギを抱えてカメラ目線の にの様がほんとに麗しくてっ(≧∀≦)
ギター持ってる写真は無条件でコンプリートしたくなるほど
弱いんだけど これはかなり良質だわ
縁側のおやじ風にあぐらかいてカードいじってるショットもたまりませんね
基本的に ギターやゲーム機、トランプなどなど
好きなものと映ってる にの様は特に最高です


ドラマの話から恋愛ネタにも絡めるテキストが 
女性誌らしくてこれまた興味深し

ドラマって不思議なものでさ。
10あるものを10作ると偽物になっちゃう。
恋愛だって、好きな人と24時間いられるわけじゃなくて、
会えないときに、今、何してるんだろう?ってそういう時間も込みで恋愛じゃん。
このドラマも原作である部分は10のうち、2ぐらい。
だから、原作を読んでる人は違和感あるかも。
でも、それでいいと思うよ。
8を想像してもらって初めてそこに本題が見えてくる。
東野さんも、" ドラマと原作は別だ " っていってくれたし。


にの様の芝居を観て圧倒されたり その世界に浸るのも大好きなんだけど
それ以上に何度も観れるドラマの旨味は
役者・二宮さんという人が どんなイマジネーションの旅をして
その表現に辿りついたのかをあれこれ想像して
一緒になぞることができるのが心地良いんだよね
8を想像できる作業は そんな小旅行とも言えるような気がします
連ドラが決まるととてもうれしい理由のひとつは
また にの様と一緒に3ヶ月の旅に出られるのかぁ~と
そんなワクワク感で実はいっぱいだったりする


Cutでも静かに熱く語っておられたし
考えてみりゃここ2年ほどの にの様のテーマである
まずは監督の要望を受け入れてみるという姿勢は
マジックで活字を具現化するテクニックを身につけた自信で
さらに手応えを感じておられるようで
ここでもまた語っておられます

今は、マジックの技術面よりも心理面に興味があるんだよね。
マジックに作用する心理が快感なの。
またそこからも学べるんじゃないかな?


心理という話題から、それは恋愛にも生かせそう? と
また頑張って恋愛話題にスライドさせようとするライターさんに

そっちの心理?
そうだ! 家にこもっててもいろんなこと起きるね。
映画の「アース」観てたんだよ。
大自然や動物の弱肉強食の世界に圧倒されて、
すごいなぁと感動しながらのエンドロールのとき。
ウチのテレビの裏からカマキリが上がってきた!
もうビックリ !!


この展開には、にの様らしいなと大笑い(^o^)
よく、にの様はインタビュアーを煙に巻くと言われるけど
ご自分の興味のある方向性なら
恋愛だろうがなんだろうが素直に語れる方なんでしょうけどね
こうして無理くり恋愛にスライドさせようとされると
わかってるくせに舌出して思いついた方向にシフトしちゃうのが
なんとも小気味がいい


カマキリじゃなくて…と慌てるライターさんに

ごめんごめん、ラブの話だっけ。
いやね、最近読んだマジック本著者がさ、
" 人間ってのは、日常にある非日常を好む " っていってたからさ。
恋愛もそうかな? 
オレの日常は…って考えてたらカマキリ珍騒動が浮かんじゃって(笑)。
だって、すげぇ非日常だったんだもん!
恋愛は俺にとっては日常ですよ。
って、イタリア人的なこといってみますが…、スイマセン。
正直、まだラブにおけるマジックとの関連性と
その心理学については、勉強できてません。


素直でよろしい(笑)
でもね
自分でも冗談みたいに言ってるけど
もしかしたら、にの様にとって恋愛は確かに日常なのかもと
思うような気もするんだよね
そんな にの様が非日常的感覚になるような恋愛をする日が
果たしてこの先来るのか来ないのか
案外家庭も築いて うーんと年取って
その後にそんな感覚にハマって興味深い自分にほくそ笑むような
にの様を見てみたい気もするんだよね
そこまで妄想した後で
自分がすっかりたちの悪いストーカーなような気がしてきた^^;


最後に頼もしいひと言

俺、恋愛ものって、やったことないしなぁ。
恋愛ドラマの台本を1回いただければ、実践してみますんで。
僕で恋愛ドラマを観てみたい、と思う方がいましたら、
オファーしてみてください。


これ! ある種、私のちょっとした夢ですね
ぜひいつか ドロドロもしくは驚くほどピュアな恋愛ドラマを
にの様にプリーズ
うわっ どっちも観てみたいぞ~♪



Ray (レイ) 2008年 11月号 [雑誌]Ray (レイ) 2008年 11月号 [雑誌]
(2008/09/22)
不明

商品詳細を見る


アース スタンダード・エディションアース スタンダード・エディション
(2008/06/27)
地球

商品詳細を見る

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/530-5e099d60

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。