世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻井翔 > そば打ち!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

そば打ち!

2009 - 05/01 [Fri]

昨夜のマリオ王にの様が予想通りの運びに関わらず素敵すぎたので
ほんとはそれが書きたくてたまらないんだけど
ちょっと 落ち着いた時間がないので
その前にかなり興奮気味の翔さんネタ書かせていただきます

FREECELL 蕎麦打ち翔さん!!
グラビアでは久しぶりのツボど真ん中
予約済みの本屋さんなのに 平積みで立ち止まって3分程静止しちゃいました
この雑誌 初回の亀の時にいいなーと思ってたんだけど
正直 ここまで翔さんの凛々しさを引き出してくれるなんて
やっぱタダモノじゃない
表紙もさることながら
扉のそば打ち棒背負った翔さんが ことのほか大好きです!
ゾウさんのほうがもっと好きです(うそです)
このショット眺めてると 翔さんに幕末モノとかやって欲しくなる

テキストは 翔さんのエンターテインメント考が興味深かった


テレビっていう媒体を使って自己表現している以上、
自分も神山のように見えたらいいなと思っているんです。

日常生活でタキシードを着るっていうのは
せいぜい結婚式ぐらいじゃないですか。
それをいつも着ている男っていうのは、
まさにテレビの中で生きている男ですよね。


ある時覚悟を決めたであろう 翔さんのこのプロ意識がやっぱりこよなく好きです
時にどんなに古くさろうが 堅苦しかろうが
翔さんのこのエンタメプロ意識と
潤くんのものづくりプロ意識のおかげと
三バカ自然体の微妙な中和で 嵐のバラエティやMCは成り立ってる
この意識を常に持ち続けている翔さんがいてくれたから
嵐はこんなとこまで来れた気がする


───神山はジョーカーみたいな存在ですよね。

僕も昨日、第一話を観たばかりなんですけど、
神山はあくどさというよりも、
かわいらしさみたいなところが前に出るといいなと思っています。
かわいいんだけど、八重歯が光っている、ちょっととげとげしい感じ。
神山の毒が見えるのが、睨んでいるときではなく、
笑っているときというイメージですね。
だからかわいらしさと毒が表裏一体というか、
相反するものが同居してるのが、神山というイメージだなと思います。


これ 第二話を観た後聞くとすごくよくわかります
二話で 片桐さんとは完全に切り離した翔さんの神山ができあがってきたなと
すごく感じた
飄々とした片桐さんにはできない 翔さんの神山の武器が 
着々と具現化されていくのを毎週観ていく楽しみのあるドラマだなと思ったもん
アイドルを逆手にとることのうまい翔さんだから
不器用なようでいて この感性はさすがだ
こういう話がきっちりできるから(←別にサシで話してるわけじゃないけど)
嵐のファンはやめらんない


───嵐の柔らかさといか、固まらなさみたいなのが、
一方で松本さんが「花より男子」の次に「スマイル」をやっていて、
一方で櫻井さんが「ヤッターマン」の次に「ザ・クイズショウ」 を選んでいるところに
表れているような気がします。

それは嵐をやっているからこそだと思うんで、
本当にありがたいですよね。
僕個人としては、神山がそうであるように、
自分の存在自体がエンターテインメントになればいいと思うんですよ。
だから「ヤッターマン」のあとに、「ザ・クイズショウ」の神山を
やらせてもらったこと自体がエンターテインメントというか。
そういう振れ幅だったり、いい意味での裏切りの連続ということが、
エンターテインメントになっているっていうやり方もあるんじゃないかなという。


───既にそうなっていますよね。

そう見てもらえたら嬉しいです。
嵐ってみんないつも楽しく仕事をしてるな、と見てもらえたらいいなと思います。



グループのメンバーが個人の仕事をやって
そこで得たものをグループに還元するというのは
自然な流れなんだけど
グループがあるからこそ 個人の仕事の可能性が広がるというのは
実は当たり前のようでいて なかなか気づく人は少ないし
グループ⇔個人 双方の血の循環が良い流れはそう簡単に作れるもんじゃない
でも 嵐はメンバーそれぞれが そこをいとも簡単に自覚できてるし
ちっとも浮腫むことなく 自然な血流をみせてくれる
10年経って この形に辿りつくなんて誰にでもできることじゃない
たとえば 
振れ幅や裏切りの連続を見事にエンタメ化してくれたSMAPや
ひとつひとつの仕事に全身めいっぱいで自然体で当たるTOKIOなどなど
先輩の後姿から上手に学びながら 
嵐にしか届けられない持ち味
=誠実 かつ いつでも楽しく仕事をしているように見える
ここをきちんと自覚して届けられる地頭の良さが嵐の強み


個人の話とグループの話
櫻井翔という人を語る上で 
どちらもバランスよく語らなければ成り立たないところがくぅっとくる
素敵なインタビューの言葉の数々でした

憔悴した翔さん堪能以外にも楽しみが着々と増え続けているザ・クイズショウ
明日はいよいよ待ちに待ったウダやんとの対決だぁ!
ブログでも 「櫻井くんはすごい」 と誉めてくれたし
サシでの勝負 超期待してます♪


FREECELL vol.2 (カドカワムック 307)FREECELL vol.2 (カドカワムック 307)
(2009/04/30)
不明

商品詳細を見る

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/657-c97dd984

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。