世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 嵐:TV > 1/9 最後の約束  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

1/9 最後の約束

2010 - 01/10 [Sun]

翔さん見たさに 初回を楽しみにしていて
気づけば にの様にぐんぐん引き込まれていったVの嵐から
10年ぶりの嵐5人主演ドラマ

私的には サブカル香満載の映画3作が全てパーフェクトなだけに
Jr的裸体戦法のイメージ写真見た瞬間から
いったいフジは どーゆースタンスでこのドラマを作るんだろうと
楽しみな反面 ちょっと不安でもあったのよ

でも 5人の得意分野を真摯に活かしてくれた上に
嵐の10年を芯に据えたラストが きちんとR25仕様になっていて
単なるアイドルお祝いドラマだけじゃない作りで安心しました


やっぱり BIG IDOLへの道は 
ラストは全員揃って 堂々と捕まるのが王道なんだと実感(笑)

主題歌「空高く」 と 凛とした5人の表情が相まって
着地点はともかく 清々しいラストがいちばんよね

それにしても ラストみんな男前すぎる
特にいちばん右の派遣リーマン 
今年もとんでもなく惚れ増します


21時台ですでに謎解きが予測できちゃうくらいだから
サスペンスと言われちゃうと ちょっと弱い部分はあるものの

金子さん脚本だから
謎解き3:背景の人間ドラマ7 といった割合かなとも思ってたしね
そういった意味で ヴォイス けっこう好きでしたよ(^^)

益子先輩と飯尾さんの会話なんて かなり好きだったな
智くんの 年齢不詳なこーゆー達観した演技
メッセージ以上のあたたかいものが伝わってきます

表側のメインに置いたバイク便ライダー後藤くんも
念願通り アクションあり女あり情熱ありの華やかさで満足

にの様もおっしゃってらしたよーに
嵐さん 4人全員 頼もしくなってるから
どのシーンでも 安心して担っていける

映画の時とは違って
それぞれが 思いっきりな当て書きなだけに
そこかしこに 道明寺がいたり 成瀬センセがちょい顔出したり
おおっ! ついにMC神山までが出現するのかーっ! と
本筋とは違う部分でも 娘とウケながら観てました

思わず微笑んじゃうのは 
最初から 正宗くんと林さんが電話を通じてタッグを組んでたことですね

そして 後半ハイライト 止めのウケ一発
モニターに映った同級生イギータこと木田友成くん(←この名前にも何かあるの??)
思いっきり 嵐さん5人MIXじゃないのー!

ひー面白すぎる
舞駕家の母ちゃん PART2(≧∇≦)/

(ちなみに 益子先輩の待ちうけレネ・イギータはしっかりご本人
 クレジットにももちろんアフロ表記出てたね)

相葉さんの「やることリスト」にも 手たたいて大爆笑!
と 種明かしでこんなにウケテていーのか?

まぁ ある意味 5人揃うってだけで
今や お祭りだからね
なんにせよ 楽しくなければテレビじゃない(古っ)

そんな中
最初っから最後まで 山際修司くんは山際修司くんでした

おそらく 裏で糸引いてる黒幕はコイツじゃん?
と 当初から穿った見方しながらも
それでもやっぱり 山際くんのシーンになる度に
いちいち騙されかけた

イマドキの醒めた電子ヲタ青年の ふとした表情ひとつ

熱血富澤くんや 武闘派肉食系男子後藤くんに
揺れ動かされた(よーに見えた)戸惑いの眉

岡中さんに 「ここの仕事向いてると思うか?」 と聞かれ
向いてると思ってました からのクダリ
役者・二宮和也さんの存在そのもが 完全なるギミックカード

極めつけは 全員集合セキュリティールームで
岡中さんが種明かしをする前後の表情の変化

このドラマの全てに決着をつける
黙ってるだけじゃ もう なんも変わんないんすよ

全ての表情・手の動きに至るまで
山際くんのシーンになる度 鳥肌でしたけど
AMOSが丁寧に積み上げてきたシーンのひとつひとつを締める
この画竜点睛の役割は 芝居の嵐に二宮ここに在りを 
また印象づけてくれたに違いないでしょ きっと

正直 大人になってしまったこちら側には
新見社長の背負ってるものの理屈も
哀しいかな痛いほどわかってしまうから
青臭い彼らの捨て身タックルに どこでどう屈するのかは
これだけのやり取りじゃ ちょっと嘘くさく感じてしまうのも事実

でも この無理やりな展開を
みごとに にの様の決め技でねじ伏せましたから

やっぱりこの方
期待されてる以上のものを 投げ返してくるんだな

2010年も こと芝居に関しては有無を言わせません
にのみばか驀進中(^^)v

記念モノだと高を括っていたんだけど
にの様のひとつひとつのシーンが 緻密すぎて味があって
思った以上に このドラマ くり返し観てしまうかも♪
[タグ未指定]

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/790-740af277

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。