世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 二宮和也 > 折れない心は?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

折れない心は?

2007 - 09/21 [Fri]

折れない心は?
負けない気持ち
迷った時は?
前を向け


「マラソン」 お疲れさまでした

田中美佐子さんと、こういう形でまた共演してもらえてよかったな
この方、ほんとに天然で、昔からちっとも変わってない
「はなまるマーケット」 を見た限りでは、
コンサートですっかり松潤様の虜になってしまったみたいだけど、
これからも、たまには気にかけてやってくださいね~
おかげで、「ピンポン!」では松兄にまで
「ほんとは松潤と仕事したかった」 って、
落とされちゃうしっ
今日だけは、にのちゃんDAYにさせてやってよー(笑)

私には、幼なじみのお兄ちゃんが自閉症だった位しか、
今のところ自閉症に関する認識がありません
人はそれぞれ違うものだし、
泣き虫な人やこらえ性のない人や前向きな人がいるのと同じように
自閉症という特性があるのだという気持ちは、今でも変わりません
一口に自閉症と言ったって、いろいろな特性があるしね
ただ、やはり家族として接するわけではないから、
そのご苦労や喜びは、本当の所はわからないんです

でも、二宮さんが何度も 「軽い気持ちでみてください」 と言ってくれてたので、
下手な下調べも先入観も持たず、軽い気持ちでTVに向かうことができました

彰太郎の中で、どんどん変化が起こっているのだけれど、
一瞬たりとも二宮和也になることはなく、
2時間の間ずっと彰太郎でい続けてくれたと思います

「少しは恩返しができたかな」 は、
ドラマの最後に必ず死が待っていることがわかっていました
その分、生きるということの大切さをしっかりと心に刻んでくれましたが、
にのが和憲くんでい続けることが、辛くて仕方ありませんでした

でも、彰太郎くんは、
どんなに大変でも明日に向かって走り続けることが、ドラマの終着点なので、
ニノが彰太郎でいることをすっきりした気持ちで見れました

とても心に重かったのが、
母親として「私の本当の夢はね あの子より1日でも長生きすること」
人によって考え方の違いもあるかもしれませんが、
おそらく健常児しか持たない親は、逆のことしか願わないと思います
そう考えてしまう程20年間を捧げてしまった母が、
それでも子離れしなければならない場面に出くわした時の折々は、
胸に迫るものがありました

キャストのバランスも、とてもよかった

必死の母を演じながらも、天性の明るさと天然具合をベースに持つ
田中美佐子さんの独特の抜け感
偽善者ぶらずに、自閉症が理解できないとはっきり言う所からスタートした、
松岡くんの現実的な感覚も、垣根をとっぱらってくれる説得力がありました
「二宮だから」 と言ってくれただけに、
彰太郎をランナーに育てたいという想いは、
やっぱり松兄ならではの情熱だったと思います
松岡くんも自閉症児を演じた経験があったのも、心強い気がしました

友人のことを見ていたので、
障害者を兄弟に持った子の寂しさが気になって仕方なかったけど、
最後にその部分を内藤剛志さんが、きちっと押さえてくれた所も救われました

こっから、にのちゃんベタ誉め特急電車です

最初のシーンで声が聞こえた瞬間の声
お母さんに教えてもらったスマイルを最後にきちんと表現できた笑顔
だんだんと少しずつフォームが変わっていく姿
虹の向こうに向かって伸ばす手
お母さんの心に絆創膏を貼ってあげる瞳
寝顔までもが彰太郎

限られた表現しかとれない中で、彰太郎の心の変化を表していく演技は、
いくら天性の才能を持っていても、とても神経を集中させる作業なはず

二宮さんはね 表現者としてやっぱり大したもんです
これからが楽しみで仕方ありません
心の中に人一倍役者魂の炎を燃やしているくせに、
にのちゃんが役者を名乗る日は、来ないのかもしれませんね
ま、肩書きなんてどうでもいっか
[タグ未指定]

ニノは見れば見るほどいろんな演技が見たくなるね。私、まだ見てないものがたくさんあるから過去のをいろいろ発掘しようっと!田中美佐子さんとは何で共演したの?
「少しは…」もまだ見てないんだよ。ニノが演じた人、息子の行ってる小学校の出身だったらしいの。
松岡くんも自閉症児の役をやったことあったんだ!知りませんでした!師匠!

娘たちが、昨日のドラマ見ていて
「あの人どこかで見た事あるよね?」と言い出した
「嵐の人だよ!山田太郎に出てるじゃん」って言ったら
「あーそうだ」って、納得したみたい
それだけ、ニノが役に入り込んでいたんだろうね
そして、やっぱりあの弟の立場が見ていてすごく気になったけど
父親の大きさに、ほっとしました
すごく良いドラマだったよー!!

はーちゃんへ

そうなんだよね
ニノは全部が代表作 !!
和憲くんみたいに頭のいい人が先輩なんて、誇らしいね
私の友達の娘さんが行ってた塾の先輩でもあって、
受験の時お母さんが激励の講演に来たって言ってた
最近はーちゃん家、だんだん地域がわかってきたような気がする
うちと、そんなには遠くないかも(笑)
田中美佐子さんとは、ニノのドラマデビュー「天城越え」だよ
松岡くんは、確か浜木綿子さんのドラマでちょこっとやってたの
「マラソン」のHPでも、経験があると言ってるので、
それのことだと思うよ
単に、松岡ファンだったってだけだから、師匠はやめてね(笑)

なおっぺちゃんへ

子どもって、けっこうドラマ入り込んで見るから、
お子さんが気づかなかったなんて、すっごくうれしいな
もう少し、時間が許せば、お母さんと次男の
触れ合いの下りも、欲しかったよね
注文はともかく、彰太郎が可愛くて可愛くて~

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/86-f7001045

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。