世界のニノこと二宮和也さんと嵐に癒され愛でるニッキ

  にのみ日和のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 大奥 > 日本映画navi vol.22  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]

日本映画navi vol.22

2010 - 06/03 [Thu]

今朝はめざましにて
智さんの健太(←いきなりこの変換で出る自PC)
ではなく ケンタCMを拝見できたので
お昼は同僚誘ってハバネロボンレス!

写メ撮るのも忘れて美味しくいただきましたが
激辛挑戦ソースは やっぱかなり辛いっす^^;



デザートは甘~い佇まいの松島⇔水野エピ満載の
こちらの雑誌でも(^^)

100601eiganavi3

扉ページの水野様レイアウトも なんだかSWEET
このままラミ加工して飾っておくのも良いですね

草履から覗く 水野様足指もミョーに萌え
なんだろ この表情
ちょうどニュートラルですごく安心感いただける


ニュートラルといえば
今回の松島さんインタビューが
つっっくづくうれしかったんでしょうね私

昨日の夜中 娘つかまえて
「玉木さん ずっと 
 また にの様と共演したいと思っててくれたんだって!」と
意気揚々と語り始めたら

「それ昨夜も延々聞かされた(´Д`;)
 早く気が済むまでブログに書き綴るよーに」
と呆れられましたので そーしますハイ



ここでも先輩
念願の松水コンビ♪

100601eiganavi1



松島を演じている玉木宏。
この映画への出演を決めたのは、
99年のテレビドラマ「あぶない放課後」で共演したことのある
二宮和也の存在も大きかったという。

その時は本当にちょっとしか絡んでないんですが、
その後も新幹線の中で偶然会ったり、
ちょこちょこと遭遇する機会があって(笑)。

二宮くんのいろんな仕事を見させてもらっていて、
「また一緒にやりたいな」とずっと思っていたので、
このお話をいただいた時はもう即決で "やりたい!" 思いました。
また一緒にやれることがすごくうれしかったし、
純粋に楽しみでしたね。

実際、久々に共演してみると、
周りに対しての対応や現場での居方が昔と全然変わってなくて。
すごくニュートラルでナチュラルな感じの人です。

約10年ぶりに共演した "愛しの君" 二宮は、玉木について


兄貴的な感じがするので、僕もすごくやりやすいです。
面と向かってセリフのやり取りをするだけで、
もう自然に温かみのある関係性ができるんです。



再共演と聞くと それだけでもワクワクするのに
速水先輩ってば 
当時からそんな風にきちんと
勝兄ちゃんを眺めててくれたのも
その後もずっと共演をしたいと思っていてくれたのも
にの様の役者冥利にも 人間冥利にも尽きます

どんな素晴らしい賞をもらったと聞くよりも
にの様のお仕事ぶりを見てくださる
役者さん・芸人さん・あらゆるスタンスのスタッフの皆さま
等々より
こういう言葉を戴いたと聞いた時は
ファンとしてもいちばんうれしい






現場リポート 読みどころ満載

鶴岡たっちょん
こちらで初めてビジュ拝見したのですが
思った通りお美しい

中でも非常に惹かれたのが
相変わらず詩的エロ感覚がお上手な
にの様のたっちょん評


たっちょん(大倉)は、
普段からちょっとゆったりまったりしている感じがあって、
役にもそれが一瞬出てきたりして、妙にエロいんですよね。
なんていうか、どこか "1回終わった後" みたいな
まったり感があるな(笑)



言い得て妙の極み お見事!(爆)






松島さんに続いて
またまた泣ける位有難い金子監督のお言葉

お芝居でも バラエティでも お仕事全て
気負いすぎず真摯に取り組んでいくと
見ていてくれる人はどこかにきちんといる



金子文紀監督

(水野は)二宮さんじゃなかったら、
できないだろうなと思うくらい難しい役

辛い運命を背負い込んでいる時も、
その辛さを一切口にせずに耐えて、
しかもその耐えている姿だけで物事の真理を語る、
といった非常に高度な表現が求められる役ですから。
二宮くんは、どんなシチュエーションにいても
"馴染んじゃう人" なんです。
日本髪のカツラをつけたら、最初は誰でも違和感があると思いますが、
彼は常に板についているので、何をやっても本当っぽく見える。
そう見せる天才じゃないですか。
現代劇ならわかるけど、時代劇でそれが出来るのはすごいですね。



以前からの勝手な持論
にの様って 
物事をいろんな角度から見ることができるだけで
決して根がヒネた方じゃない気がするんだよね

表現者として 
マイナスな感情に気づける敏感さは必要なんだけど

にの様の仕事に対する言動から滲み出るものは
世界三大諸悪の根源(焦り・妬み・クサり)が 
いつだって微塵も感じられない

そんな
案外 根が素直なにの様だからこそ
どんなシチュエーションにいても
自分を上にも下にも置くことなく "馴染んじゃう" んだと思います

にの様の言葉だけではなく
その毎日の積み重ねへの評価を聞く度に
自分が毎日向かい合ってる仕事や周囲への向かい方は
間違いじゃなかったんだなと
またしてもエールをもらえるから
やっぱりファン冥利にも尽きます





でね

最後に 

ピンと背筋を伸ばした水野様から
解き放たれてる瞬間

100601eiganavi4

いちばん好きなこの丸っこい背中(≧∇≦*)








日本映画navi(vol.22)

日本映画navi(vol.22)

価格:980円(税込、送料別)






日本映画navi vol.22 (NIKKO MOOK)日本映画navi vol.22 (NIKKO MOOK)

日本工業新聞新社 2010-06-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natsume0617.blog50.fc2.com/tb.php/933-35efa3e1

 | HOME | 

にのみゴト

CalendArchive

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

なつめ

Author:なつめ
二宮氏を心の師匠としています
デビュー以来、
にの様と嵐に励まされる毎日
50代の にの様を観るのが夢
潤くん贔屓の高校生娘の母
詳しくはこちら

counter

online counter

現在の閲覧者数:

最近の記事

Works of KAZUNARI

最近のコメント

カテゴリー

bookmark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

au 去年と違う夏。

au clock

勇者かずなり


blog-lvup.com
flash boreal kiss

J-NEWS

ブロとも申請フォーム

嵐MEMO

☆嵐

■2011年1月26日発売
DVD
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】



☆二宮和也

■1月21日(金)発売
GANTZ VISUAL BOOK

■2011年1月29日(土)公開
映画 GANTZ

■2011年4月8日発売
DVD
大奥 <男女逆転>

■2011年4月23日(土)公開
映画 GANTZ PART2



☆相葉雅紀

■TV バーテンダー
2011年2月4日スタート
毎週金曜日 23時15分



☆櫻井翔

■映画 神様のカルテく
2011年8月27日(土)公開

登録ツールズ+

嵐 anniversary

*script by KT*

リンク

ケータイからもどうぞ

QRコード

recommend

ARASHI PEOPLE

DRECOM

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。